風俗に行く男性と、それを嫌がる女性の心理

男性が風俗に行くことに対して理解を示す女性、もっと言えば好感を抱く女性というのはなかなかいないのではないでしょうか。むしろ、彼女や奥さんがいるのに行くことに至っては言語道断、別れを突き付けられても文句は言えないという雰囲気があると思います。しかし、本当にそのような店に行くのは悪いことなのでしょうか。どうして女性はそこまで責めるのでしょうか。
男性は、行くことに対して罪悪感は無いでしょうし、彼女や奥さんがいたとしても「それとこれとは別」という考え方でしょう。それに対して女性は、自分の彼氏や旦那がそのようなことをしていたのを知ったら、自分が全否定されたかのようなショックに苛まれることでしょう。そしてこの意識の違いからギャップが生まれ、喧嘩をし、挙句の果てには別れや離婚という悲しい結末に発展してしまうことも珍しくありません。
このような男性と女性の意識のすれ違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。私は、男女の「浮気に対しての考え方」が根本的に異なることが大きく関係していると分析しています。男性は、体の浮気と心の浮気は完全に別物であると考えています。そのため、気持ち良くなりたいから、パートナーとのセックスとは違ったプレイをしてみたいから…という合理的な動機から夜遊びに繰り出しますが、それは本当に単なる「遊び」であり、パートナーへの愛情を薄れさせるものではありません。ですから、彼らには行くことへの悪気や罪悪感は無いのです。
ところが、そんなケロッとした男性の態度に女性は大変傷付きます。それは、女性は体の浮気=心の浮気と考えているからなのです。精力が続く限り何匹ものメスに種付けできるオスと、一度に一匹のオスの子供しか身ごもれないメス。女性は、本当に心を許した男性にでなければ体を許せません。そのため、男性が他の女性に体を許した=心を許したも同然と考えてしまうのです。
とはいえ、湧き上がる性欲を抑え込んだり、店へ行く上司からの誘いを断るのは男性には難しいもの。風俗に行った時は、パートナーの女性の気持ちに最大限配慮し、たっぷり愛情表現をして安心させてあげることを忘れないでほしいと思います。