風俗に通うときは一人が良い理由

みんなは風俗に一人で行くなんて考えられないなんて言いますけど、僕は行きたいお店に行きたいので、必ず一人で行くようにしています。こんなことを言った後に、友達と一緒にヘルスに行ったときの話をさせてもらいますね。僕の友達に昔から声を大きい奴がいます。良くクラスに一人はいる声を大きいタイプの男をイメージしてもらうと良いと思います。そいつと2人で遊ぶことになったんですよ、男2人で夜にやることもないから岡山のキャバクラでも行こうって話になったんですよね。その声の大きい友達と遊ぶのは、結構久しぶりで、ひょっとしたら社会人になってから初めてのことなんじゃないかなってくらいです。キャバクラ行ってもその大きな声で話で大盛り上がり。気に入った女の子がいたようで、何とかして持ち帰りたかったようでしたが、どうにもならなかったようです。煮え切らない彼は、キャバクラを出たあとにヘルスに行こうって言い出したんです。ただ、私は回春マッサージがイイと思ったし、確かにまだ帰るのは、早いけど風俗かぁ、なんて考えていると、すでに彼はお店探しし始めました。彼独特の勢いに負けて、とりあえず今回は付き合ってやろうと思い、彼の行きたいお店に向かいました。そうしたら、嬉しいことに、岡山の回春マッサージのお店でした。お店は少し安っぽい雰囲気ながらも、相場よりも安いお店なので、安心しました。他にお客さんはいないようなので、すぐに僕らは案内されました。女の子のレベルはまぁまぁと言った感じ。料金を考えたらコスパには優れているかも、何て考えていました。シャワーを浴びて、プレイに入ろうとしたときに、どこからか大きな声が聞こえてきます。どこかで聞き覚えのある声というか、さっきまで一緒にいた僕の友達の声です。僕は喘ぎ声をあげないタイプの男なんですけど、彼はかなり大きな喘ぎ声を上げるタイプらしく、本当に大きな声で喘いでいました。このお店は一応個室になっていますが、壁が天井までありません。つまり一部屋一部屋が仕切られているような感じです。このお店が人気がない理由も何となくわかりました。ですが、それにしたって大きな声で喘いでる彼の声を聞いてしまうと、僕も女の子も笑ってしまって全然プレイに集中できませんでした。やっぱり風俗は岡山であろうが何処であろうが一人で行った方がいい。僕はしみじみ思いました。